車中泊の後、付近の史跡に立ち寄りました。
こちらは、島田宿大井川川越遺跡。

      

江戸時代の宿場町。
この近くの大井川は、江戸幕府が橋を架ける事は勿論、船で渡る事も禁じていた流石の権力ので、川越の手助けを生業とする人達もいたとか。(肩車や輿で渡るなんて!)

 

次に蓬莱橋。
そんな大井川も明治になって、通船が許可されるようになり、開墾の為に架けられたのがこの橋。

   

この橋、世界一長い木の橋としてギネスブックに認定されているそうです。

「897.4mの長い木の橋」=「厄無しの長い木の橋」ということで、ご利益スポットらしく、そこまで知ったら通り過ぎる(つもりだったけど)のが惜しくなり、渡ってしまいました。

 すぐ近くが大井川。結構高さがあるし、風がふくとちょっと怖い・・・。

どこまで続くんだ・・・と距離感わからずにいたら、お知らせが。

ついでに、登呂遺跡まで足をのばしました。

歴史の教科書では定番、いつか行きたいと思いつつ、この歳まで機会がなかった史跡。

  

住宅地のすぐお隣に竪穴式住居や高床式倉庫が建っているのって、何だか不思議な気がしましたが、京都市内もいたる所に神社仏閣、史跡がありますね。

近くにあると「そのうち・・・」になりがちですが、足を運んでいきたいものです。

そのうち・・・。